ZaifやCOMSAがその価値を上げるかも‥?! ロックアップ計画発表

スポンサードリンク

噂で買って、事実で売れは仮想通貨にも有効な手段?!

この格言は株の相場のものとして有名ですよね?

当ブログではまだCOMSAの事に触れていなかったのですが(また機会があれば・・・)、ちょっとやり過ごせないニュースだったので、ピックアップしました。

まずはZaifのお話から。

取引所Zaifを運営するテックビューロですが、自身の保有するZaif(ザイフ)トークン総数の25%を来年、2018年の年末までロックアップする計画を発表しました。

また本トークンでも購入が可能である先行セール期間中のCOMSAのICOで使用される、CMSトークン(現在は1米ドルと同等価値)総数の33%をロックアップする計画を発表しています。

公式発表記事はコチラ

 

そもそもロックアップって何?!

食べられるものではありません、が、一般的に美味しいことが多いです。

世の中に発行(または配布)している自身の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアムやリップル等)やトークン(ZaifやCMS等)の売り買いや譲渡を制限するという事です。

結果、流通量が増えにくい状態となります。

市場が

供給<需要

のバランスに傾いたら、どうなりますか?

はい値上がりが期待できますね。

 

ちなみにZaifトークンの現在価格はおよそ0.5円(2017年10月現在)。

1円にも満たない金額で購入できます。

この計画が実施され、翌年を迎えたら・・・?

まだ仮想通貨の知識や経験に自身が持てない方が、ビットコイン1枚60万、70万で購入するのは、やっぱりなかなか難しいですよね?

ですがZaifトークンなら少額だけ試してみようか・・なんて気軽に始められちゃうところがいいですね。

そしてそれが1円、2円というような値が付いたら、単純に倍!

※投資はあくまでもご自身の判断で行ってください

 

このトークンってテックビューロの株みたいなもんだと思いますので、何かと色々挑戦するこの会社、応援してやりたいなぁという気持ちで購入してみるもの楽しいかも知れません。

 

またテックビューロは、注目の仮想通貨であるNEMの技術、mijinなどにも関連要素を持っているので、

Zaif + COMSA +NEM

に僕は今後もアツく見守っていくつもりです。

※NEMについての情報記事は、近々アップしますね。

 

そんなトークンZaifはZaifの取引所でしか購入できません。

口座を開きたいという方は、以下よりどうぞ。

 

来年アナタがえびす顔になっている事を祈って・・・(笑)。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントは受け付けていません。