【YELL QASH:エールキャッシュ】芸能エンタメ仮想通貨 でもタレントが運営で大丈夫なの?!

タレントとファンの間を取り持つ応援を致します

失礼かもしれませんが、タレントさんが仮想通貨ビジネスって出来んのか?!

・・・と思ってしまいますが、大手のプロダクションやプロデューサー、仮想通貨の業界関係者とのコネクションを活用し、2つの異なる世界を引き合わせるという自身の果たすべき役割をちゃんとわかってるみたい。

 

上の両名がCEOとCOO。

ねっ経営者ヅラしてないでしょ(失礼かつ下品な言い回しスミマセン・・)。

ちなみにCEOは最高経営責任者、全ての業務を統括するいわゆる社長的なポスト。

COOは最高執行責任者、より現場の運営に携わる形で統括するポスト。

 

実は彼女達だけではなく、”アンバサダー(大使)”として、芸人さんからユーチューバーまでYELLを広めるべく多くの協力者が参加しています。

 

このあたりが今後の展開にどう絡んでくるのか、注視していかなくては!!

 

 

YELL★QASHのスペック

正式名称 YELLQUSH
略称(シンボル) YELL
規格 ERC223(イーサリアム)
コントラクトアドレス 0x91edec8c1f44d34244b5e7e2631dd7c5cee1b19c
桁数 8ケタ
発行上限枚数 150億枚
公式ディスコード YELLQASH 公式ディスコード
公式HP https://www.yellqash.net/
上場取引所(予定)

上記ディスコード上では、最新のニュースやらホルダー同志のコミュニティースペースもあるのでのぞいてみると良いかも。。

 

そして上場予定ですが、HP上に見慣れたマークが目に付いたので貼っておきました。

全然確定ではありません・・・が、ココかも知れませんね~ ふっふっふ。

 

 

150億枚のYELLの使途は?

33%:オープニングセール(流通)

YELLの総発行数の33%、50億枚と最も多くの割合を占めるのはオープニングでのセール

エアドロ分を含めると約4割と最大の影響力をホルダー全体が持つ構造かな。

25%:開発

メンテや保守をはじめとする技術面での投資は不可欠(37.5億YELL)。

このYELLが面白いのは、現時点でスワップが予定に組まれている事。

ここへ向けての開発も当然含まれているんだね。

25%:広報

何はともあれ知名度あってこそのコイン。

認知向上はつまりコインの価値向上に直結、国産コイン戦国時代を生き抜くには、37.5億YELLをどう活用するかが腕の見せどころ。

10%:運営

運営が売り抜けなどしないよう、相場への悪影響、ホルダー保護の視点でその割合を絞り15億枚に留めている。

これは他のコイン銘柄と比較しても、妥当なラインといえるでしょう。

7%:エアードロップ

 10億枚のYellは各種イベントやエアドロなど、すそ野拡大の目的で活用される予定。

 

 

YELLQASHコインの今後

上の使途でも触れましたが、150億枚のYELLには予め決められた運命があります。

え~ 発表します。

1.5億枚にしま~す!!

その時YELLという名前をそのまま引き継ぐのかどうかはいざ知らず、本プロジェクトを走らせつつ、そっくりそのまま独自の通貨にするという計画なんです。

その独自通貨切り替え時(つまりスワップ)に、最初の発行数150億枚を1/100に圧縮 → 総量1.5億枚 のコインになります。

単純に世間に出回る枚数が少ないですから、希少価値が上がるはず。

ホルダーにとって決して悪い話ではない・・・つまり・・・そういう事なのです。

 

 

エアドロップ情報については、発信されしだいこちらでお知らせして参りますので楽しみにお待ちください。

 

自身でブログを書いている方にはひとつ朗報!!

ブログで応援キャンペーン

なるものが今実施中(8/17 22:00まで)で、最大100万YELLが貰えちゃうというなんとも太っ腹な企画なので、是非参加してみてくださいね。

YELL★QASH 公式ディスコードへGO

 

~ 記事公開が追いつきません・・スマン・・速報で知りたい方向け情報です~

引き続きドンドンエアドロップを中心に仮想通貨銘柄をご紹介して参ります・・・が、追いつかない。

記事にしている時間が足らないのです(本業コレじゃないし~)。

ですので、手っ取り早くまずツイッターで情報上げています。

そして折りをみてブログへと・・・

という訳ですので、ご興味のある方は僕のツイッターアカウントをフォローください。

最速情報をお届けします。

お小遣い稼ぎ、投資対象として非常に魅力的ですが、本心はそれぞれの銘柄とその特性や目的、仮想通貨の未来にも興味をもって頂けると嬉しいです。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

不正ハッキング対策

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

コメントは受け付けていません。