バイナンス【Binance】はナゼこんなにも人気があるのか

国内で買えないアルトコインも、バイナンスならきっと大丈夫

「仮想通貨ブームに乗っかって、国内の取引所で幾つかの銘柄買っちゃいました」という方。

流行っていても自分で持たなきゃ、やっぱり気にかけないので詳しくもなれません。

金額の大小に関わらず、自分で仮想通貨を実際に持ってみる

事で、いままで入って来なかった色んな情報に触れる機会が増えるはず。

 

バイナンスが選ばれるワケ 中国だから怪しい、信用できない・・では後悔するかも・・

設立:2017年7月

所在地:中国(香港)、その後マルタへ本社を移転

取り扱い銘柄数:約120以上(2018年8月現在)

日本語:非対応

セキュリティ:2段階認証

取引手数料:0.1%

扱う仮想通貨銘柄数がなんと120種類を超え、後発の取引所ながら1年の内にその取引量は世界トップへと大躍進致しました。

但し、あの中国である為のカントリーリスクは孕んでいる為、敬遠する人も少なくなかったでしょうが、今は拠点をマルタへ移し運営をしています。

またセキュリティ対応は2段階必須で、認可スピードや法整備などが後手後手になりがちな日本と比較して、ずっと早い段階で成長株(ならぬ仮想通貨)に投資できるのは資産運用面で大きな魅力となります。

またビットコインが頻繁にハードフォークし、対応しない取引所がある中、ここは多くのフォークコインにも対応しています。

更に魅力的な点として、この取引所が人気を得ているシステムが、バイナンスコイン(BNB)です。

 

バイナンスの大きな魅力とは?! 取引所の独自通貨という発想が斬新すぎた

バイナンスコイン=BNBはこの取引所で購入できます。

通貨売買時の手数料が0.1%とそれですら破格の料金が、このバイナンスコインで支払う事により全通貨を0.075%で売買する事が可能になるのです。

※バイナンスコインを利用した手数料ディスカウント額は、年度毎に変動し、5年目以降の割引はなくなってしまいます。

【バイナンスコインでの割引後の手数料】

  • 初年度:0.05%
  • 2年目:0.075% ← 今ココ
  • 3年目:0.0875%
  • 4年目:0.09325%
  • 5年目:0.1%

バイナンスに限らず取引所の口座は国内外にいくつか作っておく方が万が一のリスクヘッジにもなる上、それぞれの特長によって使い分けたりと便利さを感じる事が出来るハズ。

そして海外の取引所に関しては、その候補先の一つとして多くの方々がバイナンスは外せない取引所であると考えているのです。

以前は日本語にも対応していたのですが、日本のお役所から横槍が入ったのかある日突然消されてしまいました。

現在は英語と中国語での対応となっているため、これから口座開設するのは不安を覚える方は

世界最大級の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の口座開設方法が知りたい

を一度ご覧ください。

図解で解説しているので、記事を開きながら登録手続きを進めればスムーズに完了できると思いますよ。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

不正ハッキング対策

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

コメントは受け付けていません。