仮想通貨はハッキングされる【最低限すべきセキュリティー対策】あなたは大丈夫?!

せっかく購入した仮想(暗号)通貨、盗まれない工夫はしてますか?

2017年末~2018年年始にかけてのかつてない仮想通貨暴騰後、コインチェック事件後の暴落。

これで終わったかと思われた市場も、少しづつ底打ち感が見えてきました。

世界中では相変わらずICO案件が活況で、銘柄数が多すぎてどれがどれだか分からない程。

そんな状況を詐欺師やハッカーが見逃すハズもなく、いつも虎視眈々と目を光らせて機会をうかがっているのです。

市場の上げ下げは、一つのニュースで株取引よりも激しく上下します。

こんな美味しい環境をあの国が見過ごすハズはありませんよね?

北朝鮮が仮想通貨を狙い始めた可能性

お隣の韓国では、取引所への不正アクセスが相次いで100億円規模の仮想通貨が盗まれているそうです。

専門のハッカー集団を育て、サイバーテロ戦士として使っているのでしょう。

 

あなたの仮想通貨は狙われているという事を前提に管理しよう

国レベルでのリスクもありますが、個人レベル、いわゆるハッカーによる盗難には警戒が必要です。

ここで言いたいのは、購入した仮想通貨を取引所・交換所で保管している場合、どの様なセキュリティ状態にしているかについて必ず確認してください。

自分のID(メールアドレス)とパスワードだけでログイン可能という方は論外です。

いつ盗まれても仕方ないと思ってください。

 

そして幸運にもまだ安全である事が確認できたなら、直ちに

2段階認証

に切り替えましょう!!

 

まだご存知ない方向けに言うと、

自分のID(メールアドレス)とパスワード+自分のスマホに送られてくる時限付きパスワード

で初めてログイン出来るというやり方です。

いいですか? これはホルダーとして必要最低限の措置で、これで盗難されないという訳ではありません。

 

ほかにも有効な策として

  • コールドウォレット
  • ハードウォレット

等の方法がありますが、これは又の機会に解説致します。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2018

不正ハッキング対策

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

コメントは受け付けていません。