無料ブログから始めよう 種類と特徴を知って自分に合うものを選ぼう

スポンサードリンク

ブログについては前項の ”シニアから始める 初心者の為のブログ生活” にて、解説してきましたが、その種類には様々なものがあり、中身も ”有料サービス” と ”無料サービス” がございます。

どんな事を目的とするかによって、選ぶべきブログも自ずと決まってきますが、正直これから始める皆さんにとっては、まず無料ブログサービスを選択される事をオススメします。

ですが前提としてこれだけは知っておいてください。

無料ブログサービスは

”いついかなる理由で凍結されるかわからないリスクを伴っている”

という事を!!

実例として 【ある日突然私のブログが制限対象となって使えない】 なんて事もある様です。

何らかの不正、あるいはルールに違反した結果の処分もあるでしょうし、提供しているサービス会社が倒産したりと何らかの事情で一斉に・・というケースも・・。

 

そして有料ブログサービスには、利用対価を支払っている為、そうした心配が不要(0%とは言い切れませんが・・)な上、

  • 広告の非表示
  • データ許容量の拡大

ほか無料サービスにはない特典があります。

 

ただ操作にも慣れ、さらに ”こうしていきたい” という方向性や目標が明確になった時点で、有料サービスの利用を検討されても、全く遅くはありません

 

無料ブログとひと口にいっても、国内外から提供されているものは60種類を超えます。

その中から一般的に知られているメジャーなものだけでも、Ameblo、livedoor Blog、FC2ブログ、Seesaaブログ、JUGEM、はてなブログ、忍者ブログ、gooブログ、エキサイトブログ、Yahooブログ、楽天ブログ、ココログ、ヤプログ、ウェブリブログ、Blogger、LINEブログ、Ameba Ownd・・等々・・20種類にも及びます。

・・・多い、幾らなんでも多すぎる!!

という事で、より安定度の高い大手から、使い勝手が良いと思われるものを

  • 容量
  • 無料・有料オプション
  • 広告表示の制限
  • スマートフォン対応の有無
  • スパム(WEB上の迷惑行為)対策
  • アフィリエイトの可否
  • 独自ドメイン
  • サブドメイン
  • 特徴

などの視点で、”独断と偏見を交え” 選出したものをご紹介いたします。

 

おすすめの ”無料ブログサービス” はコレだ

Seesaaブログ

URL http://blog.seesaa.jp/
運営元 シーサー株式会社
利用者数・開設時期 2003年8月
容量 有料 無制限:5サイト ¥300
無料 5GB:5サイト
広告制限 △無料でもスマホ向け以外消去可
スマホ対応
スパム対策
アフィリエイト対応
独自ドメイン 〇有料
サブドメイン
特徴 カスタマイズ(設定変更)性の高さで、お気に入りのブログサイトを作りやすい。 無料プランでも広告が消しやすい(唯一スマホ向けは例外)点も人気の理由。

追記:独自色が出しやすい様に造りが充実している アフィリエイター(アフィリエイトを行う人)にも人気高し

Seesaaブログの開設手順をチェック

 

 

はてなブログ

URL http://hatenablog.com/
運営元 株式会社はてな
利用者数・開設時期 2014年3月
容量 有料 3GB:10サイト ¥1,080/月
無料 30MB:3サイト
広告制限 〇有料プラン変更で、スマホを含める全広告を非表示設定
スマホ対応
スパム対策
アフィリエイト対応
独自ドメイン 〇有料
サブドメイン
特徴 文章力・内容共にレベルの高く、出版しているブロガーも多く在籍。 

追記:造りがシンプルな為、初心者にも扱いやすい分、自由度にも限りがある。

はてなブログの開設手順をチェック

 

Blogger

URL https://www.blogger.com/
運営元 株式会社Google
利用者数・開設時期 2003年2月
容量 有料 なし
無料 1GB:100サイト
広告制限
スマホ対応 〇 
スパム対策 〇 
アフィリエイト対応 〇 
独自ドメイン 〇有料
サブドメイン
特徴 世界最大級の検索エンジン”グーグル”が運営するブログサービス。 無料ブログサービスの中で唯一、広告が非表示(bloggerのみ除く)。 1アカウントで100サイトもの量産が可能。

追記:知名度は低いが、潜在力が最も高いブログサービスの一つ。 元々は米国パイララボという企業が1999年に開始したブログサービスで、後にグーグルにより買収。 アダルト系ブログは禁止。

Bloggerの開設手順をチェック

 

FC2ブログ

URL https://blog.fc2.com/ 
運営元 FC2,Inc.
利用者数・開設時期 2,400万人 1999年5月
容量 有料 無制限:1サイト ¥300/月
無料 10GB:1サイト
広告制限 〇有料
スマホ対応
スパム対策
アフィリエイト対応
独自ドメイン 〇有料
サブドメイン
特徴 運営元のFC2,Inc.は米国に籍を置く会社。 老舗のブログサービスサイトとして、機能も充実している。 一方アダルト系も多い為、敬遠される一面も。

追記:一部の利用者のアカウント(ブログ)が突然凍結されたという噂もあるが、使い勝手の良さで初心者から上級者まで、誰でも作成しやすい造り。

 

 

livedoor Blog(ライブドアブログ)

URL http://blog.livedoor.com/
運営元 LINE
利用者数・開設時期 1999年10月 ¥315~¥1,890/月
容量 有料 なし(完全無料)
無料 無制限:10サイト
広告制限 △ PC広告のみ完全非表示OK 
スマホ対応
スパム対策
アフィリエイト対応
独自ドメイン 〇有料
サブドメイン
特徴 自分色にカスタムしやすい様、配慮されたブログでファンを掴む。 韓国IT企業Naverの子会社である、LINEが運営する外資系ブログサービス。 

追記: 2015年5月以降、”サービスの完全無料化”をスタートや、”PC上の広告完全非表示”などの改変に注目が集まる。 一方、スマートフォン広告の強制表示が消せないまま(実際の広告収入はスマホ8割といわれている)で、一部 ”改悪” との声も。

 

 

JUGEM(じゅげむブログ)

URL https://jugem.jp/
運営元 GMOペパボ株式会社
利用者数・開設時期 2004年6月
容量 有料 無制限:1サイト  ¥300
無料 1GB:1サイト
広告制限 △有料
スマホ対応
スパム対策
アフィリエイト対応
独自ドメイン 〇有料
サブドメイン
特徴 業界大手GMO運営のブログサービスとして、使い勝手、管理画面の見やすさなどが高評価

追記:なし

 

ココログ

URL http://www.cocolog-nifty.com/
運営元 ニフティ株式会社
利用者数・開設時期 2003年12月
容量 有料 2GB:1サイト ¥250、¥700、¥1,200/月
無料 2GB:1サイト
広告制限 〇有料
スマホ対応
スパム対策
アフィリエイト対応
独自ドメイン 〇有料
サブドメイン
特徴 オプションでPCおよびスマホ上の広告を完全非表示に出来る。 シンプルで使う人を選ばない反面、カスタマイズ性の低さがネック。

追記:なし

 

 

gooブログ

URL http://blog.goo.ne.jp/
運営元 NTTレゾナント株式会社
利用者数・開設時期 2004年3月
容量 有料 1TB:1サイト ¥477/月
無料 3GB:1サイト
広告制限 ×
スマホ対応
スパム対策
アフィリエイト対応 〇有料
独自ドメイン ×
サブドメイン ×
特徴 ”教えてgoo” など質問サイトを持つブログサービスとしての魅力、操作性の高さに定評あり。

追記:運営母体はNTTグループ、中・上級者に向けたカスタマイズ性に欠ける点、有料サービスでなければアフィリエイトが不可な点が大きくマイナス

 

 

Yahooブログ

URL https://blogs.yahoo.co.jp/ 
運営元 ヤフー株式会社
利用者数・開設時期 2000年11月
容量 有料 なし
無料 10GB:7サイト
広告制限 ×
スマホ対応
スパム対策
アフィリエイト対応 △有料
独自ドメイン ×
サブドメイン ×
特徴 誰もが知っている検索エンジン、あのヤフーが運営するブログ。 突出した個性も持ち合わせず、可もなく不可もなく。

追記:なし

 

 

Amebaブログ

URL https://ameblo.jp/
運営元 株式会社サイバーエージェント
利用者数・開設時期 3,900万人 2004年7月
容量 有料 無制限:1サイト ¥1,008
無料 10GB:1サイト
広告制限 △有料
スマホ対応
スパム対策
アフィリエイト対応 △制限あり Google AdsenseがNGである等、使い勝手が悪い
独自ドメイン ×
サブドメイン ×
特徴 芸能人のブログと言えば・・? そんなイメージの強いアメブロ。 後発ながら利用者数もNo.1ですが、個人的には最もおすすめしないブログサービス。

追記:非常に影響力の強いブログである反面、有名人というだけで信じられないほど内容の薄い記事の上位表示、アクセス数の約3倍の水増し疑惑、事前警告なしのアカウント削除などリスクも高い。

 

 

以上、あなたが興味を惹かれるブログサービスはございましたか?

このBest10運営サイトの詳しい登録方法や始め方については後日特集記事にて改めて解説いたしますで、お楽しみに。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す