止まらないビットコイン暴騰祭り 恐怖の暴落タイミングと仮想通貨投資を始めるべき時期

繰り返されるビットコインのハードフォークと連騰・暴騰

※ビットコインの驚異的なチャートの上がり方

先日の記事

2017年に1ビットコイン=100万円に到達するか?!
といっていたのに、今現在はその倍近くの200万円をウロウロしている何ともクレイジーな状況。

誰も止める事の出来ない大きな流れが、いつかは破裂するであろうバブルに向かってもの凄い勢いで突き進んでいます。

このとんでもない動きについては、ほとんどの評論家が
「〇〇円で暴落する」
「〇〇円まで急降下する」
とコメントしております。

それもどこ吹く風とばかりにチャートはただひたすら上に上に向いて伸びていく・・・。

要因として

  1. 相次ぐハードフォーク(分裂)で、ビットコイン保持者への新コインのおまけ付与
  2. 株式の知識を持たない、投機目的のニューカマー増加によるコイン爆買い
  3. アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨銘柄)からの資金移動
  4. ヘッジファンド等、大手によるビットコイン先物取引参入

等々が考えられます。

AIが予測する2018年の仮想(暗号)通貨価格でも、
1ビットコイン=220万円
だったのに、それが数週間のうちにほぼ達成されてしまう勢い・・実に恐ろしい。

あまりのアクセスの集中に、国内の取引所のサーバーも一時的にパンクする始末。

まさにもう社会現象の様相を呈してきました。

 

仮想(暗号)通貨デビューはいつがいいの? 口座の開設方法が分からない

ここで

「じゃあ私もビットコインを買おう」

と考えるイケイケ派と、

「買いやすい価格で、伸びしろがあるアルトコインを買おう」

と考える慎重派。

アナタはどちらですか?

仮想通貨は新しい通貨であると同時に、今後さらに価値を上げていくモノとして、今は投資・投機目的で株のような存在になりつつあります。

まだまだ法整備が追いついていませんが、だからこそリスクも夢もあるのでしょう。

いつかみんなが当たり前の様に仮想通貨使う未来

その時の価格は落ち着いてしまっているでしょう。

そんな未来がきっと来ると思うなら、自身の“コレは”と考える銘柄を購入しておく事は将来の大きな資産になるかも知れません。

買いたいときに今のビットコインの様になってしまっていたら、中々手が出ません。

 

このタイミングについては、やはり自分自身で情報収集しながら見極めるべきでしょう。

でも一つだけ確実に言える事があります。

取引所の口座だけは作っておけ!!

あえての命令口調になりました。

今買いたいと思っても、本人確認の為の証明書類(あるいはデータ)の提出やら銀行からの入金(振込)で、日数がかかります。

それに取引所によって、操作方法や見方が少しずつ異なっている為、慣れる時間も欲しいところ。

またそれ以上に、取引時にかかる手数料や、取り扱う仮想(暗号)通貨銘柄が違うので、そこも押さえておきたいですね。

結論として

複数の取引所(はじめは日本語の通じる国内の取引所が良いでしょう)に口座を開き、いつでも購入が出来るよう、銀行から一定額を入金しておく

というのが大正解です。

 

口座の維持費はかからないので、放置していても目減りする事はありませんのでご心配なく。

 

ちなみに僕自身が使っている取引所は

ZAIF(ザイフ)

【こんなところが面白い】

  • 独自トークン、仮想通貨NEMや国内初のICOプラットフォームであるCOMSA等の積極展開
  • 日本発の仮想通貨モナーコインが買える
  • コイン積み立てサービス

 

CoinCheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【こんなところが面白い】

  • 仮想通貨銘柄取り扱い数が国内最多
  • 日本円から各銘柄の直接購入が可能
  • 不正ログインにおける損害を最大100万円まで補償

 

更に詳しい方法については過去記事

zaif(ザイフ)編:仮想通貨の買い方&取引所の登録方法

coincheck(コインチェック)編:仮想通貨の買い方&取引所の登録方法

があるので、コチラのページを開きながら進めれば簡単に開設出来ます。

 

でも投資はあくまでも自己責任で。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントは受け付けていません。