リップル(ripple)ってなぁに?! : 3大仮想通貨 その2

スポンサードリンク

リップルはどうやって生まれたの?

考案者はRyan Fuggerという人物で、2004年に開発されました。

通貨と通貨を結ぶ ”ブリッジ通貨” として、ビットコインの持つ弱点を克服し、低コストで安全、優れた決済力を発揮する仮想通貨として注目されています。

世界的大企業のGoogle社や、国内ではSBIホールディングスが出資している事が話題に上る仮想通貨です。

※youtubeより引用

 

リップルの出現により肝を冷やしたのは、誰よりも世界の銀行でしょう。

送金や両替に対する時間や費用が比較にならない程に有利である為、銀行は要らないなんてことにならないか・・?なんて考えたでしょう。

でも今では世界の名だたる銀行が、リップルの採用を表明し始めており、その未来もかなり有望視されております。

 

発行上限枚数は1,000億枚(XRP)で、ビットコインの2,100満枚と比べると多く感じますね。

もう一つの違いは、

ビットコインはまだすべてが発行されていない

事に対して、

リップルは既に全枚数発行済

という事です。

 

リップルの価格は将来どうなる?!

現在は20円台半ば~30円前半あたりを行き来しているこの仮想通貨。

でも元々を辿れば0.3円程度でした。

ビットコインと比較して、なかなか値上がりしない

という評価が一般的ですが、その将来は明るいと考えられております。

 

ビットコインが単独走者だとすれば、リップルは銀行などの企業や政府を取り込みながら全体のシステムに改革をもたらしていく通貨の為、成長には時間がかかります。

そのスケールの大きさから、先の話となりますが将来的には

1XRP(リップル)=¥20,000

という声も。

 

取らぬ狸の何とやら・・ですが、現在1万円でリップルを購入すると、

400XPR(リップル) ※1リップル=25円で試算の場合

手に入ります。

それが跳ね上がる先の世界では、

400XRP x ¥20,000 = ¥8,000,000

という大金に・・おめでとうございます!!

1万円が800万円に化けました。。

 

夢は小さくなりますが、米国のナスダックは

2018年12月までにリップルが高騰する

という記事を掲載しています。

様々な専門家がそれは1ドル、5ドルという予想値を出しておりますが、それでも現在価格の4倍~20倍以上という成長ラインも見えてきますね。

長期的な視点で投資したい方には、イチ押しの銘柄です。

 

 

でもリップルは、国内での取り扱いがある取引所が限られているのが現状。

それでも実際2~3社取引所はあるものの、規模が小さすぎたり、既に事件を起こしていたㇼとちょっとオススメできないので・・・。

やはりここは知名度と規模とこれまでの運営状況を踏まえ、コインチェック一択でオススメです。

リップルを所持したい方は、こちらで口座を開く必要がございます。

一体どんな取引所かもう少し詳しく知りたい

ご興味のある方は、

コインチェックについての解説記事

もご覧ください。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントは受け付けていません。