【超有望”株”ならぬ”仮装通貨”】これから伸びるのはズバリどんな銘柄 part2

仮想(暗号)通貨が胡散臭いと言われ続ける訳

※本記事は実は2/2に公開予定でしたが、かなり大きなICO案件があり、皆さんにご紹介しないと先に進めない事から、一日ずれ込む形となりました。

2月いっぱいのトークンセールですが、早い日程での購入者に数%のコインが上乗せされるので、買いたい人は急ぎましょう。

誰もが知るあの大企業も投資する前途有望なコインです。

HEROコインの記事を読む

ここのところ仮想通貨界を覆っていたくらいニュースを吹き飛ばすべく、”2月は騰がる説”に一役買う銘柄となる事でしょう。

より大きな利益を得ようと考えると、取引所では買えない銘柄であるICOや、知名度・価格共に低い草コインの中から可能性の高いモノを物色する方法があります。

  • 上場しないかも知れない
  • ある日突然消えてなくなるかも知れない

等のリスクはあるけれど、ひと度高い評価が付けば、安値で仕込んだ銘柄は何十倍、何百倍にもなってアナタの資産を大きく増やします。

「ラッキー!!」

きっとそう感じる事でしょう。

一方で

”もともと価値なんてないモノだからいずれ暴落する”

という意見は、いつも誰からか発せられていますね。

でもそれはある意味で仕方ない事なのかも知れません。

日本円の1万円札を作るコストはおよそ30円ですが、例えばビットコイン1枚あたりのコストはゼロ円(開発料等除く)なのですから、

  • 胡散臭い
  • 詐欺

という声が上がっても仕方ない・・・実体もその手の中に感触もないので、そういう意味においては

究極のニセ札

とも言えるでしょう。

 

国の都合でバンバン増刷出来るフィアット通貨と、上限枚数が設定されている仮想通貨(一部除く)、どっちが信頼できるのだろう。

幸い日本の円の信用力は依然高いけれど、日々その価値が変動する様な不安定な通貨を持つ国に生まれていたとしたら・・?

国も銀行も信用出来ない・・そんな世界に住む人達はどっちを選ぶのだろう。

 

それでも2018年に仮想通貨を持つ人は更に増える

ITに強い人、独特の情報網や価値観を持つオタクの人、投資に敏感な人・・こんな人達から生まれた億り人が話題に上り、ブームに火が付きました。

暴騰と下落を繰り返し、

ギャンブル性が高くて実体のない怖いモノ

と印象を抱く人は手を出す事に躊躇してしまう、そう、それが投資行為だから、自己判断だからいいんです。

でも仮想通貨を中心に世界の仕組みが大きく変わろうとしているのは事実!!

ビットコインはドルを超えるのか 通貨“栄枯盛衰”の歴史(※MoneyPlusより引用)

その存在を恐れる国家は禁止、あるいは規制に動き、一流投資ファンド会社がこれまでの見解を翻し、先物や金融商品として取り扱う事を検討し始めています。

良くも悪くもその影響力はごく短期間で、見過ごせない存在へと育っていってしまっているのです。

 

既にご存知かも知れませんが、ここにイノベーター理論というお話があります。

物事が社会へ普及、浸透していくその流れについて、いくつかの段階を経て進むという事なのですが、5段階に分けられて説明されます。

人々の呼称 割合 役割・特徴
1. イノベーター 2.5% 革新的。 最先端を行く人、
2. アーリーアダプター 13.5% 感度・喰いつきも早く、発信力を持つ人
3. アーリーマジョリティー 34% やや慎重だが関心が高い人
4. レイトマジョリティー 34% 流行後に取り入れる人
5. ラガード 16% 保守的で一般化してから動く最後の層

 

このイノベーター理論、芸人の平野ノラさんのネタではありませんが、例をあげるなら携帯電話が最も典型的でしょう。

ショルダーバッグの様に肩で担いで大きな受話器を片手に会話なんて、こんなシーン今からじゃ逆に想像出来ないですが、元祖携帯電話の姿です。

当時の電話機の重さは約3㎏で、8時間充電で稼働時間が40分。

1台あたりの補償金20万円と月々の基本料2万6千円、通話料金は6秒10円だったそうです。

とんでもない商品です。

そこから端末無料キャンペーン、小型化が進み、加速度的に普及していった先に今のスマホがあります。とても実用的とは言い難いですね。

このとんでもない商品が世の中をやがて変えてしまうツールになる事を見越した人は、販売代理店契約を結んだそうです。

手の中に納まるサイズに代わって、なおかつ端末がタダ。

これに飛びついて顧客はうなぎ登り。

初期に契約を行った方への高額マージンは収入として入り続け、大富豪になったそうです。

「こんなデカイ電話絶対はやらないよ・・」とそっぽを向いた人

「どんどん使いやすく改良されて、みんなが携帯を手にする時代が必ず来る!!」と契約料を払って代理店になる事を選んだ人

選択肢がその後の人生を大きく変えることになりました。

 

実に興味深いと思いませんか?

これを仮想通貨に置き換えて考えると今はどの段階でしょうか?

恐らくまだ第2段階のアーリーアダプターというところではないかと思います。

これって決して競争ではありませんが、しかしながら先着順でその利益を得られる図式は小さくなっていく事は確実。

もし世界中の人々が仮想通貨をメインで使う世の中が来るとすれば、同じような格差が生じていると予想されます。

そう考えると、アーリーアダプターの段階で少しでも取り入れてないと、厳しい展開が待っているかもしれませんね。

 

ナゼか?!

現段階、既に連日ニュースになっているじゃないか?

と思うかも知れませんが、

仮想通貨をもっている方は着実に増えているが、実際に使っているという人はほぼいない

というのが実情だからです。

 

まだ投機・投資段階の範疇で、それも株やFXの様に普及していないからです。

この環境は資産家という言葉とはるかかなたに離れた僕の様な一般人にとって巡ってきた、千載一遇のタイミングと考えます。

でもギャンブルではありませんし、あってはなりません!!

だからこそ銘柄の持つ特性を良く知り、その先がイメージできるかどうかについてよ~く検討を重ねる必要があります。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントは受け付けていません。