遺言と円満相続

souzoku_R

老後生活について調べていただけなのにいきなり 遺書? 遺言? とんでもない!! と思われた方もいらっしゃるかも知れませんね。

しかし健康に不安がなく元気な内にこそ、きちんと後の憂いなき様、遺言書として形に残す意味があるのです。

あなたの死後、残される大切なご親族の間に争いの種を残すことの無い様、今、あなたの意思や想いを明確に文章化する必要があり、その為に遺言書は非常に大きな役割を果たしてくれるものなのです。

遺言書=相続を連想される方は多いでしょう。

しかしそれは財産分与に留まらず、死後の葬儀について、その後の親族に向けたメッセージ等、多くの事を網羅・発信できる事で、ご親族ひとりひとりに向けた形見とも成り得るものとなります。

 

ここではその遺言に関する約束事、タブー、注意点や手続きに関してまとめていく事に致します。

 

まずは遺言(遺書)書があなたの遺言として正しくその効力を発揮する様に、おさえるべきポイントを記入実例を以下に挙げましたのでご参考になさってください。

 

特集記事:遺言書を書こう

 

コメントは受け付けていません。