遺言書を書こう2:遺言書の種類

スポンサードリンク

遺言書のタイプとその特性

19ea47667fc769b06d74f5b5118cb744_s_R

 

遺言書と一口にいっても、実は3つの作成方法があります。

  1. 自筆証書遺言
  2. 公正証書遺言
  3. 秘密証書遺言

それぞれに異なる特性、メリットやデメリットがあり、またその作成方法やルールにも違いがございますので、以下表に種類別の特性についてシンプルにまとめてみました。

種類 自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
費用 ほとんどかからない 公証役場手数料(¥16,000~)

証人依頼費用

公証役場手数料(¥11,000~)

証人依頼費用

証人 不要 2名必要 2名必要
検認 必要 不要 不要
メリット 作成が安価・簡単に行える

遺言内容を秘密にする事が可能

保管の心配不要(再発行が可能)

検認手続きが不要

無効となるリスクが低い

遺言内容を秘密にする事が可能

 

デメリット 紛失や変造などのリスクが伴う

内容不備による効力(無効)への影響リスクが伴う

最も費用がかかる 紛失や変造などのリスクが伴う

内容不備による効力(無効)への影響リスクが伴う

 

当HPではこの”自筆証書遺言”についてご説明を進めていく事と致しますが、「デメリットを読むと不安、自分で作れるのか不安」といった気持ちになる方もいらっしゃる事でしょう。

後に詳しくご案内していく事になりますが、作成上のルールを守り、伝えるべき内容を書き入れる事で、十分に効力を発揮する事が出来ます。

また何度も作り変える(新たに作成)事も可能ですので、気軽に始めて頂ける事でしょう。

 

その為、以降のページでも、ご自身で作成頂く場合の注意点や手順について、触れて参ります。

まずはご自身で最も簡単に作成できる上、費用がかからないこの”自筆証書遺言”の作成に挑戦されてみてはいかがでしょうか?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサードリンク




コメントを残す