認知症の症状にはいくつかの種類が存在する事実

一口に認知症、その原因が脳や血管にあるといっても、さまざまな種類の症状があります。

brain1_R原因次第でその対処・治療法も変わってきますので、まずは予備知識として知っていて無駄はないでしょう。

 

アルツハイマー型認知症

特徴:全認知症の約6割を占める。 女性の発症率が高い。 ゆっくりと進行する為、発症時期がわかりづらい。

症状:記憶障害(日付・曜日など)が少し前の記憶から徐々に進行し、単語が思い出せなくなったり分からなくなる。 初期段階では同じ事を何度も言う(聞く)、火元の消し忘れなどの注意力や判断能力の低下が見られる。

対策:対症療法、投薬により病状の進行を遅らせる。

 

脳血管性認知症

特徴:全認知症の約2割を占め、男性の発症率が高い。 脳の血管障害(脳出血・脳梗塞・くも膜下出血)の後遺症として引き起こる記憶障害。 特に脳梗塞はこの病気の7~8割を占める程高い。

症状:まだら認知症とも呼ばれ、しびれ、めまい、言語障害、涙もろくなる等の意欲の低下やうつ傾向が見てとられる。

対策:投薬により病状の進行を遅らせる。 血管障害の再発を防ぐ為、適度な運動に配慮、食生活の習慣を見直す事が重要。 定期的な受診が必要。

 

レビー小体型認知症

特徴:認知症の1~2割を占める、男性の発症率が高い。 大脳皮質や脳幹等の神経細胞にタンパク質が生じる事で起こる認知症。

症状:初期段階として実際には存在しない人やモノが見える”幻視”がある。 進行段階では転びやすい、うつ、怒鳴るなど自律神経の機能低下がみられる。

対策:ある種の薬に対して非常に敏感となる為、医師と相談の上で、投薬を検討。

 

前頭側頭葉型認知症

特徴:前頭葉(言語、感情、理性などをつかさどる)・側頭葉の委縮で引き起こる認知症。

原因:患者数も少なく、解明出来おらず分からない点が多い。

症状:性格が変わる、新たな事柄をマスターできない。 物忘れは少ないが、抑制がきかない行動、甘いものを大量に食べるなど。

対策:治療に有効な薬はない。 しかしながら投薬で行動抑制は可能。 家族が手に負えない場合は迷わず医師に相談の上、協力を仰ぐ事が肝心です。

 

この様に様々なタイプの認知症が存在しますが、これらを防ぐために有効と言われる食材について以下情報を公開しております。

認知症を防ぐ食事はコレ!! 積極的に取るべき食材 その1

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサードリンク




コメントを残す