ゆとりある老後の為に必要なお金は?

スポンサードリンク

あなたの資産は十分と言えますか?

会社を定年退職した後、年金だけが唯一の収入源という方は、非常に多いはず。

planning3_R

総務省が行った家計調査報告(2013年)によると、夫65歳以上・妻60歳以上のひと月の支出はおよそ25万円になるとの事でした。

元サラリーマンをモデルとした場合、一般的に老後に必要な資金はおよそ3,000万円必要と言われていますが、一方では1億円必要と試算する見方もあるそうで、もしそれが現実になれば非常に恐ろしい事ですね。

では実際のところ幾ら準備すればいいのよっ!!

非常に気になるので、シミュレーションしてみました。

<サラリーマン家庭の場合>

・夫、妻の2人暮らし

・共に65歳

・厚生年金がもらえる

・それぞれ平均寿命(男性81歳、女性87歳)を全うする

という前提をベースにしてみていきましょう。

 

*65歳以降夫婦共に暮らす年数 X 年間支出

16年 X  25万円 X 12カ月 = 4,800万円

*夫の死後、妻一人で暮らす年数 X 年間支出

7年 X 15万円 X 12カ月 = 1,260万円

65歳夫婦の老後総支出額 6,060万円

 

反対に唯一の収入が公的年金を月額20万円をベースに試算すると

 

*65歳以降夫婦共に暮らす年数 X 年間収入

16年 X  20万円 X 12カ月 = 3,840万円

*夫の死後、妻一人で暮らす年数 X 年間収入

7年 X 12万円 X 12カ月 = 1,008万円

 65歳夫婦の老後総支出額 4,848万円

 

 65歳夫婦の老後総収支額 ▲1,212万円

 

ウチはサラリーマンではないんですが・・・というケースになると・・・、

<自営業のご家庭の場合>

唯一の収入が国民年金のみの月額11万円をベースに試算すると

*65歳以降夫婦共に暮らす年数 X 年間収入

16年 X  11万円 X 12カ月 = 2,112万円

*夫の死後、妻一人で暮らす年数 X 年間収入

7年 X 5.5万円 X 12カ月 = 462万円

 65歳夫婦の老後総支出額 2,574万円

 

 65歳夫婦の老後総収支額 ▲3,486万円

 

額は異なるものの、どちらもマイナス収支という結果となりました。

という事で、やはり一般論となる老後資金3,000万円は一つの基準という事に変わりはありません。

でもこの年金制度大丈夫なのでしょうか?

給付年齢や、金額に更に修正がどんどん加えられたとしたら・・・?

欧米の様に真剣に早い段階で資産運用を考えないといけない時代になってくるのかも知れませんね。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサードリンク




One Response to “ゆとりある老後の為に必要なお金は?”

コメントを残す