【MEDICINE TOKEN】医療に役立てるか? 上場を狙う草コインのプレゼント企画

目指すは世界中の一般用医薬品に対する安全性確保とコスト削減

今回の草コイン情報はメディスントークン。

お薬のトークン

直訳だとこんな感じかな?

この上のマークも暫定的なもので、後に恐らくデザイン公募とかを通してリニューアルされるんじゃないかなぁと思っています。

 

更に公式のHPやホワイトペーパーは作成中の段階で詳しい事はわからないコインなのです。

ですが現時点で目標とすべきところとして分かっている事もあります。

  • ICOをしない
  • ブロックチェーン技術を使って、改ざん出来ない医療情報の提供で安心を担保する

という事。

ネット上で薬を買う時、相手が見えないからこそ、こういう視点が必要なんでしょうね。

 

上場後、コインの使い道はどうなるの?

総発行数は500億となります。

その内訳は、

  • 62%売却(内10%は上場後に買い戻しを行ないます)
  • 10%開発(ロックアップあり)
  • 10%広報(ロックアップあり)
  • 10%運営(ロックアップあり)
  • 8%その他(エアドロップやレインなど)

まずはこの一番下のエアドロップとレイン(投げ銭)に注目ですね。

この計画から行くと、実際には全体の36%は運営側で一旦保管されて(買い戻し分含む)、事前に配られた8%はホルダーの手に、市場に出回るのが56%(事前配布分除く)という感じですね。

500億枚中280億枚が拡散するワケですね。

そこから更にどうなるか・・・これはまずホワイトペーパーの完成を待つほかなさそう・・・。

しかしながらその前に僕たちにはすべき事があります、それは・・?

 

紹介者を増やして沢山トークンをもらっちゃおう!!

7/20(金)までの期間、このトークンを紹介した数に応じてランキング。

50位まで入る事が出来たら、ナント100,000枚のプレゼントGET!!

エアドロッププレゼント企画に参加する

是非お友達も誘って、みんなで盛り上げりましょう!!

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

不正ハッキング対策

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】

コメントは受け付けていません。