後悔しないプロバイダ選び【ケーブルテレビ】料金比較・品質・口コミ検証

スポンサードリンク

インドア派:TV視聴(ケーブルテレビ)部門

テレビも映画も大好きというアナタ。

ケーブルTV部門からのインターネット接続に関する記事ですが、結果的に ”純粋なケーブルTV” を除外する結果となりました。

そう、国内最大手のケーブルTVと言えば何と言ってもJ:COMです。

ただフレッツ光テレビと比較してみても10数チャンネル程度多いことに留まり、一方インターネット速度が光の1/3と遅く、コスト面でもメリットを見出す事が出来ない事から満足度が低いのが実情。

これからTVとインターネットを始める事を検討にされている方にはお勧めできなかったからです。

 

さらにもう一点、ココに興味深い記事があります。

消えるケーブルテレビ? 米国で進む「コードカッティング」の実態

※日本経済新聞(2017年5月2日)より引用

DVDレンタル最大手のネットフリックスのネット配信サービス展開に伴い、米国で広く普及してきたサービス利用者達の ”ケーブルテレビ離れ” が始まり、将来的にさらに減少傾向に向かうのではという内容です。

転じて日本では、ケーブルTV自体が米国と比較して浸透が進まず、逆にインターネットの普及が早かった為、ケーブルTVサービス自体にそもそもの将来性が低い点があります。

上記の点を踏まえ、テレビ番組視聴派の皆さんには ”光回線+テレビ” がベストというのが、当サイトが出した解答です。

 


フレッツ光テレビ

割引後月額 ネット(マンション¥2,650 戸建て¥4,400)+プロバイダ(マンション¥800 戸建て¥1,140)+テレビ¥3,500 ※東日本が定額料金モデルの場合
通常月額 ネット(マンション¥3,850 戸建て¥5,200)
通信速度 1G(1,000M)
サービス提供エリア 全国
含まれるサービス 地デジ視聴可、4K視聴可、47チャンネル(全80ch以上)、ビデオ約5,000本見放題
契約期間 2年
キャンペーン WEB限定最大¥60,000キャッシュバック(2017 5/7まで)
実質月間平均 マンション¥6,950 戸建て¥9,040(年間でマンション¥14,400 戸建て¥9,600)お得

 


auひかり

割引後月額 ネット¥2,550+テレビ¥2,678(加入料:¥864)
通常月額 ネット¥3,800+テレビ¥2,678
通信速度 1G(1,000M)
サービス提供エリア 関東圏、北海道、九州、四国、各都道府県の主要都市
含まれるサービス 全43チャンネル、毎月ビデオ1本無料視聴
契約期間 3年
キャンペーン 初期費用相当額(¥37,500)の割引、 最大¥127,000のキャッシュバック(2017 5/7まで)
実質月間平均 ¥5,228(年間で¥46,284お得)

※KDDIと代理店の両者から得られるキャッシュバックに注目

※東京・神奈川・埼玉・千葉4エリア在住の方には更に月額料金の値下げあり

※auのスマホとネットのセット(スマートバリュー)で更に毎月最大¥2,000割引の他にも様々なメリット有

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントを残す