仮想通貨(暗号通貨)誕生の秘話 【ビットコイン】について知ろう : 3大仮想通貨の話 その1

スポンサードリンク

誰が作った、ビットコイン?!

前回の記事で紹介しました仮想通貨。

その中でも不動の1位を占める、今や仮想通貨の代名詞的存在として君臨するのが ”ビットコイン”

2017年になってようやくテレビCMでも仮想通貨取引所(これについては別の記事でご紹介いたします)を見かける機会が出来ましたね。

そうやって着実に我々の生活にゆっくりと、でも確実に浸透していっている、コレが現実なのです。

 

【ビットコインのここが気になる:1問1答】

Q1:そもそもビットコインって何で出来てるの?

A1:日本円や米ドルなど紙幣や硬貨の様な、実体はありません。

 インターネット上に存在する暗号化された電子データです。

 

Q2:ではこのビットコインは一体誰の手によってつくられたものなのでしょうか?

A2:有名な話として、2008年に中本哲史(ナカモトサトシ)という人物の論文をベースに開発されたと言われておりますが、彼の正体については諸説あって、本当のところは・・・・・分かりません。

 

Q3:ビットコインはいくらですか?

A3:日々変動致します。

  これも有名なエピソードですが、最初の取引は

  ”ほぼ何の価値も持たないビットコイン1万枚でピザと交換”

  2012年10月時点での1ビットコインの相場は¥893でしたが、

  今現在ビットコイン1枚あたりの価格は 約¥620,000。

  なんと694倍もの高騰を遂げています(2017年10月現在)。

  で、これをベースに換算すると、

  10,000ビットコインは、62億円の価値になっている事になります。

  この物々交換をした二人、まさかこんな事態になるとは想像もしなかったでしょうね。

 

Q4:ビットコインをどうやったら手に入れられるの?

A4:仮想通貨の取引所、国内メジャーどころでは、

  • コインチェック(Coincheck)
  • ザイフ(Zaif)
  • ビットフライヤー(bitFlyer)

  等で、既存通貨の円、ドルなどで引き換え、また元に戻す事も可能です。

  取引所の登録方法、仮想通貨の入手方法等は、次回の記事で詳しく公開予定です。

 

Q5:詐欺や盗難などのリスクや心配はないの?

A5:暗号そのものをコピーする事は非常に困難といえるでしょう。

  詐欺メールにパスワード等の情報を渡したり、管理が甘いと盗難リスクがある点、

  取引所自体の破綻など、安全を充分に担保されておりません。

  また当然元本保証などもない為、あくまでも自身の裁量で行う事が前提です。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントは受け付けていません。