今後の世界を変えるに代わる存在?! 仮想通貨とは?

スポンサードリンク

そう遠くない未来、国のお金を使わなくなる日がくるかも・・

仮想通貨という言葉を耳にされた事はありますか?

「何だか詐欺臭い・・」と感じたアナタ! 

当たらずも遠からずかも知れません(笑)。

 

「実は当ブログの記事として、どうなのかな・・?」

とも思っていたのですが、社会の動きを見ていると、触れない訳にはいかない状況になりつつあるので、今後はシリーズ化して進めて行こうと思います。

 

仮想通貨には、硬貨・紙幣のような実体はありません。

国や政府が管理・発行しているものでもありません。

でもその勢いは日々世界中に広がりを見せ、根底から経済の構造をも変えてしまう存在となるかも知れないと考えられるまでの規模にまで膨らみつつあるのが現状。

その未来図はいかに?!

 

仮想通貨に関する知識がまったくないという方は、まず以下の動画をご覧ください。

少し古めのものですが、仮想通貨を取り巻く環境の変化がどのように動きつつあるのかという事がお判りいただけると思います。

※youtubeより引用

 

年齢を重ねるごとに深まる経験や知識がある一方で、どうしても目新しいモノ・コトに対して、よく言えば慎重、悪く言えば否定的な見方をしてしまいがち。

でも思い出してみてください。

こうやって今までも生活ツールは変わって来た事を。

ひと昔前ならプリペイドカードとして、テレホンカード(今は携帯電話の普及でほとんど見かける機会すらありませんが・・)、電車の改札用カードなどがそれにあたるでしょう。

そこから一歩進んで、従来の携帯電話(いわゆるガラケー)から、スマートフォンが台頭してきだした頃、

”おさいふケータイ”

と言われる商品が目に付くようになりました。

これは ”電子マネー” と呼ばれるモノで、コンビニのレジをはじめ、専用の端末を設けている店舗などで携帯をかざす事で、自動的に支払いをしてしまえる、お財布要らずのシステムとして、いまでは非常に重宝されていますね。

今さら恥ずかしい話ですが、僕自身

”これって大丈夫なの?!”

と思っていた一人です、今じゃ当たり前の光景なのにね?!

 

携帯電話だって、元は肩から大型のバッグの様に担いで使用する端末だったんですもんね・・・今の子供達は信じてくれないでしょうが・・。

 

利息の付かない円を銀行に預けていても何のメリットもありません。

送金に時間や多額の手数料のかかってしまうこれまでのあり方を、根底から変えてしまう新しい通貨が世界を席巻する日は近い?!

 

現在すでに非常に多くの種類の仮想通貨が発行されていますが、その中でも上位ベスト3が不動の以下通貨となっています。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル

これからの老後、財テク、未来を語る上で、決して外せない情報となるはずです。

そんな魅力のいっぱい詰まった仮想通貨の事、今後も続けてご紹介していきますね!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

コメントは受け付けていません。